いぬかい耳鼻科医院

いぬかい耳鼻科医院

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?

最近ニュースなどで、居眠り運転による事故について目にすることが多くなりました。この"居眠り"に「睡眠時無呼吸症候群」という病気関係しているケースが多いようです。「睡眠時無呼吸症候群」という言葉を初めて聞く方が多いと思いますが、実はとても身近な病気なのです。簡単に解説すると、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは、「眠っている間に何かしらの原因によって呼吸が止まってしまう病気」です。Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも呼ばれています。詳しく解説すると、10秒以上の呼吸停止を無呼吸と定義し、無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群であるといわれます。身近な病気とお伝えしましたが、潜在患者が300万人以上いるといわれており、寝ている間に起こり自分では気づきずらい病気であるためこの病気によって日々のパフォーマンス低下や、生活習慣病のリスクを高めることになっています。

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群の症状を解説いたします。チェックリストとしてもご活用いただけるので、セルフチェックを行っていただくことができます。

眠っている時

大きないびきをかいている/呼吸がとまることがある/呼吸が乱れる/息が苦しくて目が覚める/何度も目を覚まし、トイレに行く

日中、起きている時

しっかり寝たはずなのに、昼間強い眠気を感じる/午前中に頭痛を感じる/記憶力や集中力が低下する/全身のだるさ、疲れが取れない/会議中などに眠くなる/朝起きるのが辛い

睡眠時無呼吸症候群は、「睡眠中に呼吸が止まる」病気ですので、呼吸停止が繰り返されることで身体の酸素が不足していきます。すると身体は、酸素不足を補おうと心拍数を上げます。そのため本来寝ている間に休んでいるはずの脳や身体に負担がかかってしまい、上記のように日中の眠気などを引き起こすのです。いくつか当てはまる方、検査は簡単にできますので一度医療機関を受診されることをお勧めいたします。

睡眠時無呼吸症候群の原因とは

睡眠時無呼吸症候群の原因は、大きく2つに分けられます。1つ目は、閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)といい、物理的に空気の通り道(上気道)が狭くなり、呼吸が止まってしまう状態のもので、2つ目は中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)といい、呼吸中枢の異常によるものです。

閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)

睡眠時無呼吸症候群の患者さんのほとんどはこのタイプです。空気の通り道が狭くなる要因としては、肥満による首・喉まわりの脂肪沈着や扁桃肥大、アデノイド肥大のほか、舌根(舌の付け根)、口蓋垂(のどちんこ)、軟口蓋(口腔上壁後方の軟らかい部分)などが空気の通り道を狭めていることが挙げられます。

中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)

通常、呼吸は脳からの指令で行われてますが、この呼吸指令が出なくなる呼吸中枢の異常によるものです。睡眠時無呼吸症候群の中でもこのタイプは多くありません。閉塞性睡眠時無呼吸症候群の場合は空気の通り道が狭くなって呼吸がしにくくなるため、身体が一生懸命呼吸しようと努力しますが、中枢性睡眠時無呼吸症候群の場合は、そもそも呼吸しようという努力がみられないのが特徴です。

睡眠時無呼吸症候群の合併症

睡眠時無呼吸症候群になると、心臓や脳、血管に負担をかけるため、生活習慣病を合併する可能性が高くなります。多くはないですが最悪の場合、脳梗塞、心筋梗塞などにも繋がる可能性もあります。

合併する可能性のある病気

高血圧/多血症/不整脈/虚血性心疾患/心不全/脳血管障害/糖尿病/肺高血圧症/インポテンツなどが代表的なものとして上げられます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の交通事故への影響

睡眠時無呼吸症候群の交通事故への影響も見逃せません。睡眠時無呼吸症候群の患者で居眠り運転を経験した人は、睡眠時無呼吸症候群ではない方の5倍にもなっていると調査で言われています。運転手の方々は、「睡眠時無呼吸症候群と診断を受けたら、運転できなくなるのでは?」と思う方もいらっしゃると思いますが、しっかりと治療を受けていれば問題なく運転していただくことが可能です。むしろ、本当は睡眠時無呼吸症候群なのに、適切な検査・治療を受けずに、気づいた時には事故を起こし取り返しのつかないことになる方がリスクがあります。

睡眠時無呼吸症候群の検査

検査の流れを説明いたします。まずは医療機関を受診していただき、医師による診察を行います。その後、ご自宅で1~2晩、寝ている間に簡単な機械を装着していただきます(簡易検査)。その結果、睡眠時無呼吸症候群の診断となれば、治療提案を行いますが、もしさらに詳しい検査が必要であると判断されれば、専門の医療機関をご紹介し入院検査となります(精密検査)。

簡易検査

簡易検査では、眠っている間の呼吸の状態、血液中の酸素飽和度等を同時に測定し、無呼吸・低呼吸がどれくらいあるかを調べることができます。検査はご自宅で簡単に行うことができ、簡単な機械を装着しスタートボタンを押していつもどおり眠っていただくだけです。

精密検査

この検査では、眠っている間の呼吸や脳波、血液中の酸素飽和度、心電図などを同時に測定し、睡眠の深さや質、呼吸の状態を調べます。眠っている状態を調べる検査のため、1、2泊程度の入院を行います。簡易検査と同様に、日頃ご家庭でお休みになるようにリラックスして検査をお受けいただけます。

睡眠時無呼吸症候群の治療

CPAP療法

睡眠時無呼吸症候群の一番多い治療法としてCPAP法という治療があり、多くの場合はこの治療がメインとなります。CPAPという機械で、鼻から空気を送り、狭くなった空気の通り道を物理的におし広げることで、睡眠時の無呼吸が少なくなり、酸素不足を解消することができ、睡眠の質を向上させることができます。この治療を行うことで、睡眠時無呼吸症候群の症状の改善が期待できます。また、 重症の睡眠時無呼吸症候群患者さんではCPAPを使わなかった患者さんより長生きすることもわかっています。

その他の治療方法

生活習慣の改善・ダイエット

肥満体形になると首や喉まわりに脂肪がつくだけでなく空気の通り道(上気道)の壁にも脂肪がついて、これが睡眠時無呼吸症候群の原因となります。ダイエットを行い減量することで皮下脂肪の量が下がると、狭くなっていた気道が広がり、睡眠時無呼吸症候群の改善に効果がある場合があります。

寝具の見直し、寝姿勢の工夫

仰向けで寝るよりも、横向きで寝ると空気の通り道(上気道)の閉塞を緩和し、睡眠中の無呼吸を減らす可能性があります。身体が常に横向きになるように形状が工夫された枕なども販売されています。

お酒を控える

アルコールを摂取すると空気の通り道(上気道)を支える筋肉が緩みやすくなり、上気道が狭くなることで、無呼吸を引き起こしやすくなります。寝る前の深酒はなるべくしないようにしましょう。

マウスピース治療

マウスピース治療とは、下あごを前方に固定して空気の通り道を開くようにするものです。検査の結果、マウスピースによる治療が適当と判断された場合、提携する歯科医院へ紹介させていただきマウスピースを作成していただきます。

外科的手術

アデノイド肥大や扁桃肥大などが原因となっている睡眠時無呼吸症候群の場合には、手術でそれらを取り除くことで症状が緩和されることがあります。上記のような原因による睡眠時無呼吸症候群の場合、手術療法は根本的な治療が期待できる方法です。手術による治療が適当と判断された場合、提携する病院へ紹介させていただきます。

診療予約はこちらから